平成30年度電友会滋賀支部第三回役員会議

開催日時:平成31年3月28日(木)
        14:00~16:30
開催場所:NTT滋賀支店7F会議室

会議に先立ち、NTT滋賀支店木森総務部長から退任のご挨拶があった。


支部長挨拶概要

 我々は昭和・平成・次世代と3時代を事業運営していくこととなった。
 事業運営するにあたり、基盤となるのは会員増加である。
 5年間会費免除施策の提案が関西本部から出された時は、全支部が反対したが、中国と北陸で先行した結果が大変良好であった事から導入された。5年以降も継続して加入している現状がある。
 しかしながら、会員減少に歯止めが掛かっていない。今後も、役員の皆様には積極的に会員増加に向けて取り組んで頂きたい。
 本日は、30年度の実施状況及び31年度計画について意見交換したい。


議事概要

1.30年度事業実施状況について、事務局長から資料に基付き説明があった。
(7)項の「設備110番」について、日野ビルの門扉が施錠されずに開けっ放し状態のため、NTT滋賀支店総務に連絡したが、そっけない対応であった。旨の報告があった。
*事務局から、降雪の多い地域では門扉に施錠をしないビルがあるので、その理由からではないかと思う旨の回答があった。

2.30年度事業実施状況の他の項目については、特段の意見等もなかった。

3.31年度事業計画について、事務局長から資料に基付き説明があった。
(1)項の「重点取り組み施策」につて、役員会の開催が年3回から4回の提案があるが、採決すべき項目である旨の提起があった。
*採決を取り、結果3回実施となった。
(4)項の「収支予算書」について、収支差額が少ないが赤字になった場合の対応は出来ているのかの質問があった。
*事務局から、月次決算を的確に実施していく事で対処する。
(5)項の支部会則・会計細則の改正について、入会から5年間会費免除の内容を明記すべきである。
会計細則は総会議案書に掲載する必要がない旨の提起があった。
*5年間会費免除については、関西本部でも今回の総会で決議し、改正する予定であり、それを受けて滋賀支部としても改正する予定であったため、今回の改正(案)には明記していなかった。しかしながら、退職者説明会等で実行上使用している事もあり、議案書に記載する事とした。
また、会計細則に記載してある、慶弔見舞金の扱いは役員会の議決をもって改正し総会議案書の掲載から外す事とした。
31年度計画の他の項目については、特段の意見等もなかった。

4.総会議案書については、30年度実施状況及び31年度計画の説明と重複項目を除き説明し、特段の質問等もなかった。

5.その他の項の総会準備作業について、中村副支部長から説明があり「総会のご案内」資料の中で、JR大津京駅からのバス案内が抜けている指摘があった。
また、年度の標記は新元号で記入すればとの意見があった。
*JR大津京からのバス案内は記入する。新元号での記入については検討する。
「議案書配布のお願い」資料では配布時に会員の状況把握をお願いしたいとのコメントを口頭で申し上げたが、資料に明記すべきとの意見があった。
*資料に会員の状況把握の依頼を文書に盛り込むこととする。
親睦旅行及び30年度2月末会員数については特段の質問もなかった。

以 上


欠席者:井上(大津)・小梶(東近江)・荻野(草津)・岩佐(長浜)・中野(甲賀)・樋田(近江八幡)・入江(高島)〈敬称略〉

(会議資料等のホームページ掲載はしていません)